エアライン英語留学+セブ空港グランドスタッフ インターンプログラム

航空業界就職で勝つための2つのプログラム!


①エアライン英語留学

ただ英語力を上げるだけでなく、航空業界の就職面接や配属先の現場で使える題材で学ぶ英語留学で、実戦的な英語力をつけませんか? 人気のセブ留学の中でも、航空業界就職のための英語習得に特化したコースを置くCELLA校で可能になります。機内や空港カウンターでの接客英語から、機内アナウンス、空港アナウンスまで、より実戦的なエアライン英語をトレーニングしていきます。フィリピン留学の特色であるマンツーマンレッスンと少人数グループレッスンを毎日、まさに朝から晩まで集中的にやって実力と自信をつけます。1週間から3ヶ月までフレキシブルに期間を選べるので、時間や費用が限られる学生・社会人の方でも参加できます。

②セブ空港グランドスタッフインターン

セブ国際空港のカウンターにて、Philippine Airlinesの制服を着て、実戦的なグランドスタッフ業務を担っていただきます。端末を触るチケット発券業務はできませんが、それ以外のあらゆる接客を経験できます。そのため、実戦での対応力がつき、就職面接でアピールできるエピソードづくりには事欠きません。

海外空港での実戦的な業務ですので英語力は必須です。そのため、質の高い現地英語学校での短期留学でエアライン英語を鍛えた上で、空港インターンに入っていただきます。つまり、①現場英語の習得②現場業務の体験、双方が有機的に結びつくプログラムとなっています。

近年、エアライン各社の低コスト化やチェックイン自動化などの影響で就職の競争も厳しくなり、 他の志望者との差別化が必要になると思われます。『エアライン英語留学+セブ空港GSインターン』で、差をつけませんか?

エアライン英語留学の学校とカリキュラム


セブのシティ郊外にある語学学校、CELLA校。アジア中から多くの留学生が英語習得のために集まります。中でも、フィリピン留学で唯一この学校がもつCA・グランドスタッフ英語に特化した「ACEコース」の受講で、実戦的なエアライン英語を身につけることができます。

航空会社の採用試験で行われる面接、グループディスカッションだけでなく、就職後の業務で求められるCA用の機内英語、グランドスタッフ用の空港英語の練習も行います。まずは基本ビジネス英語を学んだ後、本番さながらの内容でスムーズに正しい英語でアナウンス、接客できること、そしてプレッシャーのかかる面接でも冷静に英語で答えられることを目標とします。

また、CA・GS共に身だしなみや立ち振る舞いも重要な職業であるため、週に1度はフォーマルな服装で緊張感のある模擬面接に臨み、英語について講師たちから細かくフィードバックを受けます。(※フォーマルな服装は生徒様各自で用意していただきます)

この「エアライン英語留学」の英語講師は、指導スキル・評価の高い講師のみが担当します。
(あくまで英語習得の語学コースのため、エアライン業務の指導を行うことはできません。)

◆授業例◆
1日8コマ(マンツーマン4コマ+少人数グループ4コマ)

・基礎ビジネス英語
・機内接客英語
・機内アナウンス
・空港接客英語
・空港アナウンス
・外資系CA面接対策英語
・TOEIC対策
etc.


面接対策授業


マンツーマン授業


面接対策授業

学生寮(2人部屋):男女別のフロアで、エントランスには24時間警備のガードマン、そして同じ棟に学校の日本人スタッフが常駐します。セキュリティは万全の体制を整えています。

食事は学生用カフェテリアで3食提供されます。(CELLA校の詳細資料はご希望の方に別途PDFファイルにてお送りします。下記フォームにてお問い合わせ下さい。)

セブ空港グランドスタッフインターンでの業務内容


Philippine Airlinesのグランドスタッフの一員として、以下のような業務を経験して頂きます。

・チェックインカウンターでの乗客への対応
・日本語による場内アナウンス
・日本人搭乗者への「英語⇔日本語」の通訳
・機内の荷物紛失時のサポート
・到着ゲートでの出迎え, 案内業務

端末を扱う発券業務以外の補助的な仕事として、他にも様々な業務が発生する可能性があります。また、日本発着の便だけではなく韓国、台湾、香港などからの便に対しても対応をしていただきます。そのため、英語力をお持ちの学生様は英語による仕事を任せられる場面も多くなります。

こういった実務を体感することで、就職の志望動機に現れる具体性や思いのレベルが変わり、書類選考や面接でのインパクトが増すことが期待できます。実際にエアラインの制服を着ての業務経験を話せることで、周りの志望者と差別化できるはずです。また、国内空港での研修とも違い、「海外の国際空港で英語で勤務した経験」という意味でも、他の学生さんの経験とは一線を画すものとなるでしょう。

また、地上スタッフだけでなくこのプログラムは客室乗務員を目指す方にも役立つものになるはずです。地上と機内は分離されたものではなく、出発の空港カウンターから搭乗ゲート、そして機内から到着空港まで、『同じお客様をチームで迎えて目的地へ連れて行く、一続きのサービス』と言えるからです。地上の経験は、空の上でもきっと役に立つはずです。

※インターンの形態は無給となります。セブ現地のエアライン派遣会社の手配により現場配属されます。

※初日の現地到着時の送迎に始まり、その後の生活上のトラブル等には、現地の学校スタッフや弊社スタッフが随時対応しサポートいたします。

配属先


配属先のPhilippine Airlinesへは、現地スタッフと弊社提携の派遣会社がアテンドします。到着時の宿泊先や周辺の案内に始まり、通勤の仕方や万が一の際の病院の案内など、親身にサポートします。

インターン期間中の宿泊先


空港からタクシーで5分(片道200円)程度の距離の、綺麗なコンドミニアムとなります。24時間ガードマン常駐で、セキュリティに問題はありません。周辺は治安の良いエリアで、近くに交番や学校、病院、日本食レストランなどがあります。

※インターン期間中は食事の提供はありません。就業中は空港内の飲食店、その他の食事はご自分で買い物や外食にて生活していただきます。

空港グランドスタッフインターンに参加された生徒様の体験談


” 私はセブ空港にて、グランドスタッフとして3ヶ月のインターンを終えました。主な業務はチェックインのアシスト、日本人とフィリピン人スタッフ間の通訳、ゲートでのアナウンス等です。

英語をブラッシュアップしたかったのですが、実際に日本人のお客様からのご質問、ご要望がまず私のところへ来るため通訳業務が多く、逆に英語を使う機会がたくさんありました。 また、業務中、具合の悪いお客様への対応や台風での大幅な遅延など、様々な状況を日本人スタッフとして解決しなければいけない機会もあり、大変やり甲斐もありました。

スタッフは非常にフレンドリーで、私を仲間の一員として迎えてくれました。相談にのってくれたり、英語を教えてくれたり、仕事の後は一緒に出かけたりして、かけがえのない友達もたくさんできました。3ヶ月のインターン業務を通し、他では出来ない非常に貴重な、特別な経験が出来たと思います。”

期間


エアライン英語留学:1週間以上 (最大3ヶ月まで、1週間単位で選べます)
セブ空港インターン:2週間以上 (最大3ヶ月まで、1週間単位で選べます)

(両方合わせて最低3週間~ となります)

※どちらか一方のみの参加も可能です。

※エアライン英語留学にはTOEIC換算で500点から600点近くの基礎力があることが望ましいです。点数は絶対条件ではありませんが、授業内容は実戦的なため、基礎文法のやり直し等を当コース内でやるとなると効率が悪くなる恐れがあります。そのため、初級英語からやり直したい方は一旦、普通の英語クラスから留学を始めることもお勧めしております。

概算費用の例


エアライン英語留学2週間+空港インターン2週間の場合=約40万円

エアライン英語留学2週間のみの場合=約25万円

空港インターン2週間のみの場合=約25
万円


授業料・インターン費用・宿泊費・食費・渡航費を含めた総額の概算です

※上記期間の他に、ご希望の期間に応じて詳細にお見積り致します。下部のお問い合わせフォームにて「エアライン英語留学+空港インターン」をご選択の上、お問い合わせください。

※受け入れ枠には限りがありますので、ご検討の際にはお早めにお問い合わせ下さい。

※事前のビザ取得は不要で、パスポートのみで渡航します。英語留学も空港インターンも「勉強・研修」が目的であるため、労働ビザや学部学生ビザではなく、現地に着いてから特別就学許可(SSP)を取得することで滞在を許可されます。(フィリピンの語学留学では共通の滞在方法で、この手続きは現地スタッフが行います。)

ブログ

学校紹介

お見積もり・お問い合わせ

■お問い合わせ項目[必須]

■お名前[必須]

■メールアドレス [必須]

■メールアドレス確認要 [必須]

■電話番号 [必須]

■ご質問・ご要望などをお気軽にご記入ください。

語学留学

■ご希望の語学学校(フィリピン)

■ご希望の語学学校(マレーシア)

■ご希望の留学期間

■ご希望の出発時期




インターン

エアライン英語留学+空港インターン

TOEIC250点UPコース+IAA就職対策

ホテルインターン

■ご希望のエアライン英語留学期間

■ご希望の空港インターン就業期間

■ご希望の出発時期