Wall Street Englishは、世界28ヶ国に約450 のセンターを持つグローバルな語学学校グループ。マレーシア校は2012年にクアラルンプールの中心、Bukit Bintangに開校しました。

 

学校の特徴は、独自ソフトを使ったコンピュータ学習と、欧米ネイティブ講師とのレッスンを組み合わせた効果的な学習法です。パソコンと独自アプリを使って自習を行い、それを元に少人数グループ授業で分析・反復により習得していくという、独特な方式をとります。コンピューターラボ、エンカウンター、コンプリメンタリー、ソーシャルクラブという4つの要素を合わせるシステムをとります。学生の希望に沿ってオーダーメイドでカリキュラムを組むことも可能です。

 

Wall Street Englishの教室及びキャンパスは、ガラス張りのクラスルームや共有のオープンスペースにより、先生と生徒、生徒同士の壁を取り除き、英語を利用する日常に近い環境を作り出します。これによって自然に会話が始まり、授業以外でも英語使う機会が生まれます。

 

コースは一般英語コース、ビジネコース、IELTS などの試験対策コースがあります。

 

『イングリッシュコーナー』 という、学生がラウンジに集まり、先生が趣向を凝らしたトピックに対して会話の練習や英語の表現方法等を学ぶ、無料の英語アクティビティが毎日開催されます。

 

ロケーションはクアラルンプールの中心地に近い、最先端のショッピングストリートBukit Bintangにあり、交通の便も良く、都会の生活を感じる留学となります。年齢を問わず、実用英語を上達させたいと考えている方にお勧めの学校です。

 

2ヶ月以上のマレーシア留学に申し込みされた方には、渡航前のオンライン英会話による予習レッスン10回分を無料サービス致します。


当社のオンライン英会話サービスについてはこちら