海外に出た人がよく言うことですが、長い海外生活を送ると日本を好きになることが多いようです。私も、完全にそのタイプでした。

 

私は2度の長期海外旅行と短期語学留学で、ある程度まとまった期間の海外を経験しました。訪れた国は18ヵ国ほどです。それによって海外かぶれになるのかな、と予想していたのですが、結果はその反対でした。日本大好きになりました。手前味噌ながら、我が国の人々・文化・技術・サービス・習慣を尊敬するようになりました。日本を、和を、大切にしたいと思うようになりました。伝統文化が若い世代に受け継がれて続いていってほしいと思うようになりました。もっともっと、日本の職人の伝統工芸やモノづくりの技術、祭りの文化、着物の文化などが、海外に知れ渡って欲しいと思うようになりました。海外の建築物などのちょっと細かいところを見ると、日本の建築の仕上げ方の丁寧さが見えてきました。日本のトイレは世界一だと気づきました。他にもいろいろ。

スカイゲートインターナショナル 留学 ブログ

 

海外に身を置くことが大好きですが、かといって移住しようとは思いません。日本大好きだから。

 

「留学で多くの日本人に海外に行ってもらい、そして得たものを日本に持ち帰ってきて還元してほしい」 そう思って留学事業を立ち上げました。もちろん海外に出てその国を気に入って、そのまま移住してしまうのもいいと思います。それにしても、海外でいったん日本の素晴らしさに気づいてほしい。そう思います。

 

「国際」の先にあるもの、意外とそれは「日本」。

 

 

スカイゲート インターナショナル
代表 筒井二朗